電波天文観測実習

大学の学部学生を対象とした国立天文台野辺山宇宙電波観測所「電波天文観測実習」は、1998年より行っています。

2016年度参加者のアンケート回答

2016年の募集要項 → 実習は終了しました

国立天文台野辺山宇宙電波観測所では、45m電波望遠鏡を使った「電波天文観測実習」を行います(総合研究大学院大学「夏の体験入学」)。当観測所は、45m電波望遠鏡を用いて多数の星間分子の発見、原始惑星系ガス円盤の検出、銀河中心にある巨大質量ブラックホールの発見など数多くの重要な研究成果をあげています。
この「電波天文観測実習」は、45m電波望遠鏡だけでなく、国立天文台チリ観測所が観測を開始したALMA望遠鏡を使った最先端研究の現場に携わる研究者の指導のもと、天文学に関心をもつ大学生の皆さんに研究の最前線で活躍中の45m電波望遠鏡を使った観測実習を通して、電波天文学の実際にふれていただくのがねらいです。参加者には普段研究者が行っている45m電波望遠鏡の操作、データ取得・解析、結果のまとめをしていただきます。特に専門知識は必要ありませんが、大学で物理実験を経験していることが望ましいです。関心をお持ちの多くの方のご応募をお待ちしています。

開催日程

2016年6月6日(月)13時30分 〜 10日(金)11時30分 (4泊5日)

場所
国立天文台野辺山宇宙電波観測所 (JR小海線野辺山駅から徒歩40分)
定員
8名程度
対象
大学の理科系学部(教育学部の理科系も含む)に属する学生(1〜4年生)
費用
旅費・滞在費がサポートされる可能性があります。
応募方法
住所、氏名(ふりがなもお願いします)、所属大学及び学部・学科、学年、生年月日、年齢、性別、電話番号、 E-mailアドレス(持っている場合)を明記の上、以下の(1)〜(4)に回答し、 2016年4月18日(月)必着で下記の応募先まで送付。
  1. 大学で物理実験の経験がありますか?
  2. 1. で「はい」と回答された場合、一番印象に残った実験は何ですか? どのような点で印象に残ったのですか?
  3. あなたが持っている天文学への想い・イメージについて何でも結構ですのでお書き下さい。(600字以内)
  4. 実習に参加希望の理由は何ですか?(600字以内)
なお、送付された資料は返送いたしません。
選考結果の発表
5月初旬頃、郵便で発送 (*上記住所以外への発送を希望する場合は発送先を明記して下さい)
問い合わせ先・応募先
〒384-1305
長野県南佐久郡南牧村野辺山462-2
国立天文台野辺山宇宙電波観測所 「観測実習係」
TEL: 0267-98-4332
ホームページ http://www.nro.nao.ac.jp/~nro45mrt/misc/45school.html
封筒に「観測実習応募書類在中」 と朱書して下さい。