[ Japanese | English ]

野辺山45m電波望遠鏡への装置・ソフトウエア・新観測モード開発プロポーザルの募集 H29

皆様、 日頃は野辺山宇宙電波観測所の運用へのご理解ありがとうございます。

さて今年度から野辺山への持ち込み装置、ソフトウエア開発、新観測モードについてはプロポーザル制を導入します。
締切は2017年6月15日 日本時間午後5時です。
野辺山45m鏡に新たに装置を持ち込む場合、使用するソフトウエア・観測モードの開発を行う場合、は所定のフォーマットのプロポーザルを書いていただき審査を行い、可否を決定します。
なお、10m電波望遠鏡、太陽電波強度偏波計に関しては、新たな装置、ソフトウエア、観測モードの提案は受け付けません。また、野辺山キャンパスへの新しい観測装置の設置も、今後受け付ける予定はありません。

持ち込み装置や新たなソフトウエア、観測モードによって観測所の共同利用capabilityが増えたり、効率があがるなど、コミュニティーにとってプラスになる話は是非受け入れたいのですが、持ち込み装置の話が数多くきて、観測所のマンパワーを考えると十分な技術サポートやマシンタイムなどを提供出来なくなってきています。そこで、優先度を整理する必要があると判断したため、プロポーザル制をとることとなりました。

原則は持ち込みチーム・開発チームが単体装置またはソフトウエア、観測モードの立ち上げまで責任もってやる、観測所はインフラの提供(電力およびスペース)およびインターフェース情報の提供まで責任を持つ、です。なお、立ちあがった後、別途、Guaranteed Time Observation (GTO)申請への権利が生じ、共同利用の審査が入りますので、ご承知おきください。なお備品については共同利用開始後でも観測所は他法人の装置の保守ができないかもしれませんので、そこはご相談ください。

特に科研費等競争的経費にこれから応募するにもかかわらずプロポーザルの提出がなかった場合は、基本的には観測所として協力をお断りすることになります。

国立天文台野辺山宇宙電波観測所長 立松健一

Email: k.tatematsu_at_nao.ac.jp