サイト内の現在位置

野辺山観測所について

研究教育職員の紹介

鳥居和史 (Kazufumi Torii)

身分

特任助教

専門分野

電波天文学

研究のキーワード

星形成、大質量星形成、星間物質、電波望遠鏡

研究内容の紹介(これまでの研究の紹介)

宇宙に広く分布する星や銀河には幅広いバリエーションがありますが、これを決定する要因を追求するにあたって、電波望遠鏡を用いた分子ガスの観測研究に取り組んでいます。 特に関心があるのが、太陽よりもずっと重たい星(大質量星)がどのように形成されるか、という課題です。大質量星は宇宙の星全体では少数派ですが、超新星爆発を引き起こしたり、ブラックホールへと至るなど、銀河の行く先を決定づけるような天体現象と関連が深く、とても重要な天体です。ですが、その大質量星がどのように形成されたのか、未だはっきりとした答えが得られていません。この問題に対し、特に分子ガスがあつまってできた雲(分子雲)同士の衝突が大質量星形成をトリガーする、という新たなアイデアに着目し、研究を進めています。

現在の研究課題(現在どんな研究•課題に取り組んでいるか)

野辺山45m鏡を用いた天の川銀河の分子ガスサーベイ計画に参加し、観測を進めています。この計画から得られるデータは、広く分布する大質量星を高い分解能で多数カバーしており、「分子雲衝突による大質量星形成」という自身のテーマに取り組む上で最適です。分子雲衝突のサンプルを多く集めることで「大質量星形成」の一般的な理解に迫ることを目指しています。

学生へのことば

宇宙はとても広大で多くの謎を秘めています。この巨大な相手に対し、時にはひとりで、時には大勢の人と協力して立ち向かうのはとても楽しいことです。野辺山宇宙電波観測所では、今まさに宇宙に目を向けている望遠鏡を傍らに、この魅力的な知的活動に没頭することができます。

所属学会

日本天文学会

主要論文3編とその概要
“Cloud-Cloud Collision as a Trigger of the High-mass Star Formation: a Molecular Line Study in RCW120” The Astrophysical Journal, Vol. 806, id. 7 (2015)

赤外線で綺麗なリング構造を持つ大質量星形成領域RCW120に対し、これまでの通説を覆し、そのリング構造とそこに内包される大質量星が、2つの分子雲が衝突した結果つくられたものであることを明らかにした。

“Molecular Clouds in the Trifid Nebula M20: Possible Evidence for a Cloud-Cloud Collision in Triggering the Formation of the First Generation Stars” The Astrophysical Journal, Vol. 738, id. 46 (2011)

非常に若い大質量星形成領域M20(通称『三裂星雲』)が2つの分子雲の衝突により作られたことをはじめて明らかにした。

最近の業績

【論文等】

"The Two Molecular Clouds in RCW 38: Evidence for the Formation of the Youngest Super Star Cluster in the Milky Way Triggered by Cloud-Cloud Collision” Fukui, Y. et al., The Astrophysical Journal, Vol. 820, id. 26 (2016)

“Stochastic non-circular motion and outflows driven by magnetic activity in the Galactic bulge region” Suzuki, T. et al., Monthly Notices of the Royal Astronomical Society, Volume 454, p.3049-3059 (2016)

"Isolating signatures of major cloud-cloud collisions - II. The lifetimes of broad bridge features” Haworth, T. J. et al., Monthly Notices of the Royal Astronomical Society, Volume 454, p.1634-1643 (2015)

"High-mass Star Formation Triggered by Collision between CO Filaments in N159 West in the Large Magellanic Cloud” Fukui, Y. et al., The Astrophysical Journal Letters, Vol. 807, id. L4

“Isolating signatures of major cloud-cloud collisions using position-velocity diagrams” Haworth, T. J. et al., Monthly Notices of the Royal Astronomical Society, Volume 450, p.10-20 (2015)

“Cloud-Cloud Collision as a Trigger of the High-mass Star Formation: a Molecular Line Study in RCW120” Torii, K. et al., The Astrophysical Journal, Vol. 806, id. 7 (2015)

【新聞記事】
「巨大星の誕生 複数のガス雲衝突で形成 名大などのグループ立証」新聞赤旗 (2016/3/22)
「ガス雲 衝突で誕生を裏付け 名大教授ら 6000光年離れた星団」中日新聞 (2016/3/15)