NMA User's Guide

AIPS/UVPROC2を用いたNMAデータ処理の手引き

Step-by-Stepガイド


ここでは、NMAで観測した生データから、AIPSでdirty mapを得るまでの 処理を、具体例とともに説明していきます。

UVPROC2を使った一次処理の概要については、 UVPROC2を使った処理の概要をご覧下さい。 バンド幅切り替えによるFXデータ処理の概要についても ここで紹介しています。 また、AIPSの一般的な解説については、 暫定的な手引き、 AIPS COOKBOOK等をご覧下さい。

STEP 1: AIPSの起動から生データのロードまで

  1. 計算機へのlogin
  2. AIPSの起動
  3. UVPROC2の起動
  4. 生データ(FITS形式)の生成
  5. 生成されたFITSファイルの確認
  6. AIPSへのデータのload

STEP 2: データを表示して、質を見る

  1. Bandpass calibration天体の表示
  2. Reference calibration天体の表示
  3. 目的天体の表示

STEP 3: UVPROC2による一次リダクション

  1. baseline correction
  2. Tsys correction
  3. shadowing
  4. bandpass tableの作成
  5. gain tableの作成
  6. calibrationの実行
  7. dataのedit

STEP 4: AIPSによるUVデータの表示とedit

  1. UVPLT[time vs amplituide][uv-length vs amplituide][uv-coverage]
  2. CLIP

STEP 5: AIPSによるchannel mapの作成と表示

  1. IMAGR
  2. IMEAN
  3. STARS
  4. KNTR/CNTR
  5. ISPEC

STEP 6: channel mapのdeconvolution処理(CLEAN)

  1. IMAGR
  2. IMEAN
  3. KNTR

FXのcalibration: 「バンド幅切り替え」

暫定版のマニュアルが、ここにありますので、こちらをご覧下さい。


[step-by-stepガイド] [STEP 1] [STEP 2] [STEP 3] [STEP 4] [STEP 5] [STEP 6] [FXのデータ処理]

[NMA データ処理ガイド] [共同利用観測ガイド] [NMA Home Page] [NRO Home Page]

Copyright (C) 1999-2005 Nobeyama Radio Observatory, NAOJ. All rights reserved.
Updated on: Friday, 09-Dec-2005 20:12:56 JST