サイト内の現在位置

施設見学

通常の公開

一般公開

見学にお越しのみなさまへお願い

屋外の散策に限定して、野辺山宇宙電波観測所構内見学コースの見学を再開しました。
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、みなさまのご協力をお願いします。

・新型コロナウイルス感染者との濃厚接触が判明している場合や、
 その恐れがある場合は、ご来場をお控えください。
・お出かけ前に必ず検温し、咳や発熱(概ね37.5℃以上)などの症状がある場合や、
 体調の悪い場合は、ご来場をお控えください。
・個人や、ごく少人数のグループでお越しください。
・ 守衛所にて連絡先の記入をお願いします。
・ご見学の際は、マスクの着用(または、咳エチケットの徹底)をお願いします。
・熱中症予防のための水分補給を除いて、構内でのご飲食はできません。
・状況によっては再度の公開中止等、予告なく変更になる場合があります。
 最新の情報をご確認ください。

国立天文台野辺山は、45m電波望遠鏡、太陽電波強度偏波計などの観測装置を設置し、国内外の天文学者がこれらの装置を用いて、宇宙に関わるさまざまなテーマの研究を進めています。観測所員は自ら観測、研究を行うとともに、国内外から訪れる研究者の観測のサポートを行い、また、観測装置の維持と性能向上のために日夜努力しています。

私たちは、当観測所の装置や活動、天文学の最新の成果をできるだけ多くの人々に知っていただきたいと考え、観測所構内に見学コースを設けています。見学コースには、観測装置や研究についての解説パネルを随所に設置しており、自由にご見学いただけます。

野辺山観測所では、45m電波望遠鏡および施設の運用形態を変更しております。それに伴って2019年6月1日より、45m電波望遠鏡の周囲のロータリーでの見学は可能となりますが、45m電波望遠鏡観測棟展示室での見学を中止させて頂きます。 皆様のご理解とご協力をよろしくお願いします。

見学コース案内図

注意事項

  • 年末年始休業(12月29日〜1月3日)を除き、毎日見学(入場は無料、自由見学)できます。
  • 見学時間は、通常、午前8時30分〜午後5時までです。
  • 見学に要する時間は、およそ1時間です。見学時間終了の1時間前までに入場することをお勧めいたします。
  • 見学時間以外の観測所への入構はご遠慮ください。
  • 見学コースのみ見学が可能です。見学コース以外への立ち入りはご遠慮ください。
  • 野辺山高原は標高1300mですが、晴れた日は日差しが強く気温が30℃を上回ることもありますので、熱中症にご注意ください。帽子や日傘の利用、水分補給が効果的です。また、お出かけ前のUV対策もお勧めいたします。
  • 特別公開日は見学時間が異なりますのでご注意ください。なお、特別公開の前日は、準備のため展示室の公開は16時までとさせていただいておりますので、ご注意ください。展示室以外は17時までご見学いただけます。
  • 受付に車いすを2台用意しています。必要な方はご利用下さい。
  • 予約は必要ありませんが、駐車場の整理の都合上、200名を越えるような大きな団体の場合は事前にお知らせ下さい。
  • 観測所構内で自由見学以外の企画行事を行いたい場合(写生会など)は、事前にお知らせ下さい。
  • 当観測所では、宇宙からの非常に微弱な電波を観測しております。観測に差し支えるため来所の方には、携帯電話、無線LAN機能付きパソコンの使用を制限しております。ご協力をお願い致します。
  • 当観測所では、電波における観測環境の維持、見学者の安全などの観点から、構内でのドローンの使用を禁止しています。ご理解とご協力をお願い致します。
  • 冬期(12月〜3月)の施設見学における諸注意はこちらをご覧下さい。
  • 気象警報発令の場合は、一般公開を中止させて頂きます。あらかじめご了承ください。
  • 観測所職員による「施設案内」は原則として行っておりません。案内が必要 な場合は、下記の「南牧振興公社による観測所案内」をご利用ください。