サイト内の現在位置

施設見学

特別公開日

特別公開2021

「科学を支えるものたち」

今年度の特別公開は観測所構内で行うオンサイトイベントご自宅から楽しめるオンラインイベントのハイブリット方式での開催です。​
新型コロナウィルスの感染拡大が今なお収まらない状況をふまえ、その中でできる限りのイベントを行いたいと思っております。​
​ しかしながら、緊急事態宣言の発出などの事情で急遽中止となるイベントが出てくる可能性があります。ご参加の際にはまず、国立天文台野辺山のホームページをご確認くださいますようお願いいたします。​
オンサイト、オンラインの各イベント詳細は近日中にホームページでご案内いたします。今しばらくお待ちください。​

★開催日★
2021年8月28日(土)

★オンライン特別講演会★
8月28日(土) ライブ配信予定

『観測装置を作る、直す、ぶん回す​-電波天文学の場合ー​』
  • 講師:南谷哲宏(みなみだに てつひろ)チリ観測所長
  • 講演概要
  • 天文学の分野においては、新たな観測装置を作って宇宙を観測することで、宇宙の謎を解き明かしてきました。 このような観測を支えている、観測装置の開発(作る)、保守(直す?)、運用(ぶん回す??)を、これまで携わってきた、 野辺山45m電波望遠鏡などの電波天文分野の観測装置を例に紹介します。​

  • プロフィール
  • 大阪府出身。名古屋大学大学院博士課程修了、博士(理学)。 現在、国立天文台准教授、チリ観測所長。総合研究大学院大学の教員も兼ねている。 北海道大学、東京大学を経て、野辺山宇宙電波観測所では、受信機の開発と45m電波望遠鏡の運用を牽引し、 「観測効率10倍」の実現に貢献した。2019年からは、南米チリでアルマ望遠鏡やアステ望遠鏡の運用に携わっている。 https://sites.google.com/site/tetsuhirominamidani/jp-top

    [an error occurred while processing this directive]