[ Japanese | English ]

Last Update: 2nd December 2019

観測が採択されたら

このページではプロポーザルが採択されたあと、観測までの流れを紹介します。
  1. 観測アカウントIDの入手

    観測に必要なIDなどの情報は、遅くとも観測2週間前までにe-mailで観測PIにお送りします。 観測所ではセキュリティー上の関係から、観測スクリプト作成用サーバなどいくつかのサーバに対して観測所ネットワーク外からアクセスをできないようにしています。 これらのサーバにアクセスするには天文台ネットワークへVPN接続する必要があります。 接続方法については併せてお送りする資料をご覧ください。 VPN接続用のアカウントとパスワードは観測アカウントと同じです。

    天文台ネットワークへの接続の前に、必ずアンチウィルスソフトで使用するコンピュータをスキャンし、コンピュータウィルスに感染していないことを確認してください。 VPN接続する際、観測準備や観測所からの情報入手、データリダクションを行う場合は"NRO_User"アカウントを、リモート観測を行う場合には"NRO_RemoteObs"アカウントを選択してください。 また、観測所からの重要な情報(サーバ情報など高いセキュリティーを要するもの)は、NRO計算機グループサイトに掲載しますので、必ずVPN接続後には目を通すようにしてください。

    なお、共同利用観測のVPNアカウントは翌年度の6月末に有効期限が設定されています。 有効期限を延長したい場合には、有効期限前に観測所からご連絡する手続きに従ってください。 また、有効期限が切れた後などに関連サーバに接続する必要があるときには VPNアカウント申請ガイドページに従ってVPNアカウント発行を申請いただくようお願いします。

  2. リモート観測の事前準備

    国立天文台三鷹キャンパスで観測体制が確立されているほか、台湾のASIAA、韓国のKASI、そして日本国内の大学/機関からもリモート観測が可能です。 観測提案書を提出の際に、Web Submission Formの該当質問箇所にて観測場所を指定してください。 なお、いずれの観測サイトでの観測でも旅費補助はありませんのでご了承ください。

    三鷹キャンパスからのリモート観測に関する手続き

    三鷹キャンパスからリモート観測を行う場合、諸手続きを行う都合上、観測の少なくとも2週間前までに 電子メールをnro-syomu<at>nao.ac.jp (<at> は @ に書き換えてください)まで送ってください。 メールのテンプレートは以下の通りです。

    1. 所属:
    2. 身分:
    3. 氏名:
    4. 住所:
    5. 電話番号:
    6. 宿泊施設の予約の有無(COSMOS会館[三鷹キャンパス内]):
    7. (コスモス会館に宿泊しない場合)入構証の有無
    8. 到着日 (YYYY/MM/DD):
    9. 出発日 (YYYY/MM/DD):
    10. その他コメント:

    (記載例)
    1. 所属:
      国立天文台
    2. 身分:
      教授
    3. 氏名:
      野辺 山次郎
    4. 住所:
      郵便番号181-8588 東京都三鷹市大沢2-21-1
    5. 電話番号:
      0422-34-XXXX
    6. 宿泊施設の予約の有無(COSMOS会館[三鷹キャンパス内]):
      予約をお願いします。
    7. (コスモス会館に宿泊しない場合)入構証の有無:
      必要ありません。
    8. 到着日 (YYYY/MM/DD):
      2019/12/01
    9. 出発日 (YYYY/MM/DD):
      2019/12/10
    10. その他コメント:
      三鷹キャンパスへは午後5時を過ぎてから到着予定です。

    コスモス会館での宿泊について:
    コスモス会館(図1のN1)の予約が必要な場合には、メールの"宿泊施設の予約の有無(COSMOS会館[三鷹キャンパス内])"部分で必要である旨お伝えください。 チェックイン・チェックアウトは中央棟南1階、総務課(図1のC3)で行います。 三鷹キャンパス到着時間が午後5時以降になる場合には、事前にヘルプデスクまでお知らせください。 守衛所(図1のC1)で鍵の受け渡しを行えるよう手続きいたします。

    入構証について:
    コスモス会館に宿泊しない場合、入構証を希望する旨、上述のメールにてご連絡ください。 入構証は中央棟南1階の施設課総務係(図1のC4)で受け取りできます。

    国立天文台三鷹キャンパスへのアクセス

    三鷹キャンパスへはアクセスページをご覧ください。 リモート観測はALMA棟(図1のW2)1階の101号室共同利用室から行います。

    夜間の共同利用室への入室にはボタン式ロックを解除する必要があります。 詳細についてはヘルプデスクまでお問い合わせください。

    図1: 国立天文台三鷹キャンパス キャンパスマップ
    [Fig. 1: NAOJ Mitaka Campus Map]

    三鷹キャンパスからのリモート観測用簡易マニュアル
    三鷹リモート観測 (NRO VPN経由か国立天文台ネットワークからのみアクセス可)

    日本国内の大学/機関、台湾ASIAA、韓国KASIからのリモート観測

    2016-2017観測シーズンから、各種研究機関からのリモート観測を提供しています。 この中には、台湾のAcademia Sinica Institute of Astronomy and Astrophysics (ASIAA)、韓国のKorea Astronomy and Space Science Institute (KASI)も含まれています。 三鷹キャンパス以外からのリモート観測も受け付けておりますが、事前の試験観測にとれる時間の制限から、必ずしも要求にこたえられませんのでご了承ください。 三鷹キャンパス外からのリモート観測に関する制限として以下の条件を課しております。

    *: 2020年7月現在、確立されている場所は北から順に以下の通りです。
    北海道大学、筑波大学、東京大学天文学教育研究センター、慶応大学、名古屋大学、京都大学、大阪府立大学、九州大学、鹿児島大学、国立天文台VERA入来局

    各種研究機関からのリモート観測用簡易マニュアル
    大学リモート観測 (NRO VPN経由か国立天文台ネットワークからのみアクセス可)

  3. 観測スクリプト作成

    観測スクリプトの作成は事前に行うことを強くお勧めします。 作成手順の解説は観測スクリプト作成のページをご覧ください。 ご自身での作成が難しい場合は、ヘルプデスクまでお問い合わせください。